美容整形

【美容整形】二重整形のカウンセリングで聞いておきたいこと

美容整形

こんにちは!とろたく(@olchan_com)です!

良さそうな病院を選び、二重整形のカウンセリングを予約して聞くことに悩んでいる方へ。

本記事では私が二重全切開をした際、カウンセリングで聞いたこと4つをご紹介します!

  • 二重整形を考えている
  • カウンセリングに行くが、何を聞けばいいかわからない
  • カウンセリングがどのようなものか事前に知っておきたい

この記事を書いている私は、実際にこの内容を軸にカウンセリングをし、結果として全切開法を選択したので参考になると思います。

二重を決めた理由はこちらの記事で紹介しています。

それではまいりましょう!

スポンサーリンク

カウンセリングとは?

そもそも、カウンセリングとは何かという部分を簡単に説明していきます。

カウンセリング内容で悩む人

カウンセリングは、カウンセラーとの対話を通じて自分の抱える悩みやつらさの解消を目指すプロセスです。

カウンセリングとは?主な内容、効果、料金などを詳しく解説します(LITALICO仕事ナビ)

美容整形におけるカウンセリングは、カウンセラー(医師)に自分のコンプレックスとなる部分を伝えてどのように解消していくかを相談していくということになります。

金額や日程決めなどは、その前後で話すこととなるカウンセラー(看護師や事務の方など)との相談になります!

本記事では医師とのカウンセリングで聞くことを悩んでいる方に向けてご紹介します!

自分にはどのような二重が似合うの?(なりたい希望を伝える)

「自分のなりたい二重」を悩む人

まずは、「自分のなりたい二重の希望」を伝え、「はたして自分の目に似合うのか」を相談しました。

ただ二重にするだけではなく、その二重が自分に合っているかをきちんと確認しないと不自然なものになり、後々の後悔につながるからです。

具体的な質問例を記載します。
こちらに関しては補足も併せて説明させていただきます。

自分のなりたい二重の希望の画像を用意し、希望を伝える

私の場合は、あらかじめ自分のなりたいイメージに近い二重の写真をスマホに保存して、先生に見せて相談しました。

なりたいイメージはカウンセリングをする先生の症例でも良いし、SNS(TwitterやInstagram)でみかけた画像でも大丈夫です。とにかく明確に伝えることが大事かと思います!

SNSのイメージ

例えば、美容院などで自分の好みのカラーや髪形を、口頭でイメージを伝えるよりも写真やインスタの事例を見せたほうが明確伝えやすいと思います。

実際に自分の目で適応できるのか?

画像を見せると先生のから実際に自分の目で、シュミレーションしてもらい自分に合った二重を提案してくれました。

まつ毛の付け根が見えて一番きれいに見える形はここ!」という部分を教えてくれたので、二重の形に大きくこだわりがない私は、「先生の提案した形にしよう!」となりました。

漠然に二重になりたい!という思いだけがあるのであれば、どのような二重が似合うか?というシュミレーションからお願いしてもいいかもしれません

  1. 自分のなりたい二重のイメージがあれば、わかりやすい形で持っていく
  2. 後悔をしない自分に似合う二重を選択する!

手術方法に関して(全切開・部分切開・埋没法など)

美容整形とはいえ、「手術」になるので、どんなことをするか・どのようなリスクがあるのかなどを知っておく必要があると思い確認しました。

「保険適応手術」を受ける際にもこちらは確認すると思います。ですので、美容整形も同様必ず確認しておきたい項目です。

確認事項のイメージ

こちらも、具体的な質問例を記載します。

  1. どういった手術になるのか?(全切開・部分切開・埋没法など)
  2. 各手術のメリット・デメリットは?
  3. どのようなリスクがあるのか?
  4. 手術時間はどのくらいか?
  5. 麻酔が切れることはあるのか?
  6. 万が一、二重が外れた際に保障などはあるのか?

私がきいたときは、素人にもわかりやすく図解してくれたので安心して全切開法を選べました。

手術後の過ごし方、ダウンタイムに関すること

二重にするにおいて、完成するまでの期間のダウンタイムは必須です。

慣れない手術後や抜糸前の過ごし方や、ダウンタイム中は目立つ腫れ方をしたり、左右差が生じたり、生活していく中でも色々と不安になることが出てきます。

ですので、ダウンタイムに関することも必ず確認しておきましょう。

安静に寝るイメージ

こちらも、具体的な質問例を記載します。

  1. (抜糸前)お風呂は入ってもいいのか?洗顔はしてもいいのか?
  2. (抜糸前)血がにじんだときはどうすればいいのか?
  3. (抜糸前)万が一糸が緩みとれてしまったらどうすればいいのか?
  4. (抜糸前・ダウンタイム中)運動はしていいのか?
  5. 腫れのピークはいつか?
  6. なるべく腫れをおさえる過ごし方はあるのか?
  7. お酒やたばこは控えるべきか?
  8. 化粧・コンタクトはいつから大丈夫か?
  9. ダウンタイム(完成)はどのくらいの期間になるのか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?以上が私のカウンセリングで確認したことです。

私の場合、「これ聞き忘れた!」ということがないように、スマホでメモをしてそれを見ながら話しました。

スマホを見ながら話してしまい不快にさせないか?」と不安な方は、最初に「スマホに聞きたいことをメモしたので、スマホを見ながらでもいいですか?」と一言伝えれば大丈夫です!(私はそうしていました)

先生によっては、聞いたことにだけ答えてくれる人や、カウンセリングが有料で時間制限があるところもあるので、最低限聞くことは必ずリストアップして考えてから行くようにすることをおすすめします!

カウンセリングを通すと、先生の人柄を通して信頼できる先生かという目に見えないところもわかってくると思います。

併せてホームページなどでカウンセリングを受ける先生の症例や、経歴なども確認しておくと信頼材料になると思います!

この記事を読んでいる悩んでいるみなさんが信頼できる先生に出会えることを願っています!

手術日当日の過ごし方についた記事もご紹介していますので、是非こちらも一読ください!

よろしければ応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
とろたくをフォローする
自己投資と資産運用をがんばるブログ
タイトルとURLをコピーしました