映画感想

【レビュー0件!?】Ibn el-Qunsul(エジプト映画)を見てみた

映画感想

本日はなんと、レビュー0件(私調べ)の「Ibn el-Qunsul」日本語タイトル「フェイクの親子」についてご紹介したいと思います!

ジャケット
TMDBより引用
スポンサーリンク

映画情報

  • 出演:ハレド・サレー、ガーダ・アデル、アフマド・エル・サッカ
  • 公開:2011
  • 時間:1時間 54分
  • ジャンル:犯罪サスペンス

あらすじ

偽造屋の男が作る偽造パスポートとビザは精巧で、その腕前はかなりのもの。男は、とある計画に巻き込まれてしまい、大きなトラブルに見舞われる羽目に。

Netflixから

謎すぎる「エジプト映画」の正体

エジプトのイメージ

みなさん、「エジプト映画」は見たことありますか?

「インド映画」「フランス映画」「韓国映画」・・・洋画はたくさんありますが、その選択肢に「エジプト映画」が上がってくることは少ないと思います。

私も、この映画ではじめてエジプト映画を見ました。

ほかにも何本か見ていますが、すべてに言えるのが

「明るくて陽気で悪い言い方をすると自己中な主人公」(笑)

これはエジプトの国民性や性格も出ているのかなと思います。

2011年製作とは思えない、生活風景

古いイメージ

この映画では、出所した主人公がインターネットを使うシーンがあります。

分厚いパソコンに、インターネットを知らない主人公。

ITとかけ離れている姿が衝撃でした。発展途上国である2011年のエジプトの姿はこういう生活なのかと思いました。

スマホやタブレットといったデバイスも出てきませんでした。

宗教柄に特化したブラックジョーク

この映画のキーポイントとなる部分で、宗教柄にかかわる部分が出てきます。

(詳細をこちらのブログで書くのは控えます)

これをみるエジプトの人は、その部分でどういう反応するのか個人的に気になりました。

全体的な感想

一言でいうと、

「とにかく陽気で、伝えたいことが詰まりすぎ!」

いわゆる、シリアスなシーンや間を持たせるシーンというのは印象的になく、陽気なシーンや話の展開や切り替えしがわかりやすく、伝えたいことが率直に伝わります(笑)

なので、深読みや考察など考えなくて済むような作品でした!

ラストは余韻もなく高速で畳みかけてくるのでお見逃しなく!

変わった映画を見たい方にお勧めしたい1本

エジプト映画というのは、見るきっかけがないと見ないと思います。

この記事を読んだきっかけにぜひ視聴いただきたい、そんな1本です。

きっと見終わったころ(見ている間でも)には「エジプトはどういう国なのか」という興味いっぱいになっていると思います(笑)

ぜひ気になった方はご視聴ください!

よろしければ応援お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
とろたくをフォローする
自己投資と資産運用をがんばるブログ
タイトルとURLをコピーしました